• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィリピン スタディツアー AE-2015.3.31への海外ボランティア

知るところから始まる

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年9月参加
紹介割コードin079152056

英語が話せなくても、子供たちと一緒に遊ぶことでお互いがわかったような気がした。

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

小学校のときにストリートチルドレンのことについて学んだことがあった。その頃の自分は、ほかの国のことだし自分には関係ないと思っていてあまり興味を持たなかった。
大学4年生になり海外ボランティアというものがあるのを知り、そこでストリートチルドレンの支援活動のことが掲載されていた。
あれから何年もたったが、この問題はまだ解決されてないことを知りそこで自分が現地に行って実際に体験することで、この問題についてもう一度向き合ってみたいと思ったから。

画像をクリックすると拡大します。

  • スモーキマウンテンの足元
    スモーキマウンテンの足元
  • スモーキーマウンテンに住む人と高層ビル
    スモーキーマウンテンに住む人と高...

プログラムに参加した感想は?

今回のフィリピンスタディツアーでフィリピンという国の文化や問題を知ることができた。
フィリピンは自分がイメージしていたよりも町が発展していたり、英語よりもフィリピン語で話すことが多かったり、ストリートチルドレンや物乞いをする子供がいたるところにいたりと現地に行かなければ知ることができないことが多かった。
フィリピンは貧富の差が激しく高級な車に乗っている人もいれば、スモーキーマウンテンのごみ山の中で暮らしている人もいる。また、孤児院で支援を受けている子供もいれば、雨の中でもお店の前でじっと待って物乞いをする子供もいる。
このように、フィリピンにはストリートチルドレンから始まり数多くの問題がある。
僕は今回のスタディツアーで特に興味を持った問題は、フィリピンの出稼ぎ女性についての問題である。
フィリピン人の女性はお金を稼ぐために日本に来て、キャバクラや風俗といったところで働く。そして、日本で被害にあって心に深い傷を受けるフィリピン人の女性が数多くいる。
僕がこの問題に興味を持った理由は、日本で起きた問題なのにフィリピンだけの問題と思っていたからだ。
この問題について説明を聞くと、フィリピン人の女性は日本で被害にあっても日本の政府は助けてくれないし、日本に知り合いもいないので誰にも助けてもらえずつらい思いをしていたと話をしていた。日本で起きた問題である以上、この問題はフィリピンだけの問題ではなく日本の問題でもあるはずなのに日本ではこの問題についてあまり知られていない。多くの日本人には身近な問題ではないが、知らないということは無責任だと感じた。
フィリピンには様々な問題があるが、どれもまず知るところから始まる。そして、自分なりの考えを持つことで解決へと結びつけることができると思う。今回のフィリピンスタディツアーで、様々な問題と向き合い考えることで記憶に残る体験ができた。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

今回のスタディツアーで様々な問題を自分の目で見て感じることができた。自分がイメージしていたのと大きく異なるところもあったので、現地に行って体験することの大切さを改めて知った。
また、フィリピンスタディツアーで体験したことを友達や家族に伝えることで、フィリピンいう国の文化や問題について興味を持って知って欲しい。

画像をクリックすると拡大します。

  • 町の様子
    町の様子

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

プログラムの内容が良かったから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

自ら行動して感じた事が本当の体験なので、積極的に活動して欲しい。