[休業日のお知らせ] 9/27(金)は休業日となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベトナムスタディツアー 7日間への海外ボランティア

毎日新しい発見ができた6日間

  • 評価4つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年3月参加
紹介割コードin04281a732

言葉の違いは大した違いではなく、子どもたちの笑顔には本当に元気をもらいました。

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

時間に余裕がある大学生にしかできないことをしたかったです。
どのくらい自分が力になれるのか分かりませんでしたが、少しでも子どもたちを笑顔にできればいいなと思いました。
東南アジアの中でもベトナムを選んだのは、教科書だけの知識しかない「ベトナム戦争」の実態を、自分の目で見、感じたいという思いからでした。
また、ボランティアだけでなく、観光や体験もしたいと考えていたのでスタディープログラムを選びました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 孤児院で自由に遊ぶ子供たち
    孤児院で自由に遊ぶ子供たち

プログラムに参加した感想は?

一人で参加することには不安もありましたが、同じプログラムに参加した他のメンバーとはすぐに仲良くなれ、打ち解けることができ、とても楽しい6日間でした。また、ベトナム料理はとてもおいしく、大好きになりました。
孤児院や、小学校、病院での子どもたちとの交流では、ボランティアとして私が子どもたちに与えたものよりも、与えられたものの方が大きかったと感じています。
言葉がほとんど通じない中、子どもたちとコミュニケーションをとることや、子どもたちが今何をしたいと思っているのかを感じることには、最初はとてもむずかしさを感じました。しかし、ジェスチャーや絵や表情などをつかって子どもたちが一生懸命に思いを伝えようとしてくれて、お互いわかりあえたと感じる瞬間はとてもうれしかったです。
自分のすることで子どもたちが笑顔になってくれたり、手をひいて一緒に遊ぼうと誘ってくれたり、子どもたちのおかげで自分に少しだけ自信がもてました。
純粋に笑ったり、泣いたりする子どもたちの姿には元気をもらえましたし、私自身、普段の生活で忘れかけているようなことを改めて感じることができました。
孤児院や病院にいる子どもたちの中には、枯葉剤の影響などにより障害をもつ子どももたくさんいました。
なんの罪もない子どもたちが、このような状況になっていると知り、日本に帰ってからも私なりにできることを考え、続けていこうと強く思いました。
本当に充実した、そして人生観の変わる6日間でした。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

この6日間で終わることなく、日本にいるときも自分にできることを考え、実践したいと思いました。
そして、自分が当たり前と感じていた日常は決して当たり前ではなく、とても幸せな環境にいるとこのプログラムで実感したので、自分のおかれている環境に改めて感謝し、大切にしようと思います。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

今回とてもいい経験ができたからです。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

自分が楽しめば、相手も楽しんでくれるので、まずはみなさん自身が楽しむことが大切だと思います。