海外ボランティア 用語集

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外ボランティアならボランティアプラットフォーム♪
知識を身につけるのと同時に、国際協力を肌で感じてみませんか?

国際協力用語集ワード詳細

※一部一致でも検索されます。
※レポート・論文・WEBサイトなどでのご利用の際は参照元として記載・リンクをお願いいたします。

平和構築
peace building

紛争後に、紛争の再発防止・予防・復興等、持続的に平和な状況を生み出すために行う一連の取り組みのことです。

プロセスとしては紛争当事者による、和平合意に署名をするところから始まります。和平合意に話がなったとしてもスムーズに行かないケースも存在しています。そのような時にスムーズに和平合意を行うために第3国や国連などが間に入るのが一般的です。
その後の具体的な取組としては、兵士の武装解除や動員解除を行わなければなりません。なおかつ武装解除をした後の兵士のアフターケア、つまり、社会復帰を促す為の行動も必要となります。また、治安部門の改革、法の支配の強化、行政機構の再建や民主的法制度の整備なども挙げられます。その他、平和を維持する為の人材の派遣や難民の支援が行われることもあります。

平和構築に関しては当該国だけでは無くて、国際機関や周りの国々からの支援も不可欠です。さらに政府とは関係無く動いている、NGOの存在、あるいは現地の市民によるグループや等による活動も寄与しています。

国際連合には平和構築の為に必要な物として、3つの機関が設立されています。平和構築委員会、平和構築基金、平和構築支援事務局です。平和構築という言葉が頭につく3つの機関は、共同で動きます。平和にする為の戦略や策定や調整など、なおかつ、国際的な支援を国際的に求めたり、紛争国の平和持続や平和の為の活動を動かして行くのです。さらに平和は一時的な物では無く、恒久的にする為の動きを効果的に支援する事が国連が行う平和構築となっています。委員会に関しては31カ国によって構成されており、平和の為の復興や統合戦略に関しての助言や提案等を行っています。

紛争/平和構築の用語一覧へ
は行の用語一覧へ