死亡率と栄養不足

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 感想文
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


ぼらぷら世界への1枚グランプリ展示会

割引キャンペーン

割引キャンペーン

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

プログラムを知る・理解する

  • 初めての方へ
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • よくある質問
  • 安全面とサポート

関連リンク

スタツアで貢献!

ぼらぷら支援の広がり

関連リンク

  • ぼらぷら会員活動
  • ぼらぷらブログ
  • パートナー募集
  • 採用情報
  • リンク用バナー

5歳未満児死亡率

現在、開発途上国では、1年間に約1,100万人もの子どもたちが5歳になる前に命をうしなっています。これは1日に約3万500人、3秒にひとりの割合です。新聞やテレビではあまり知らされていませんが、これは重大な事態です。


「子どものための世界サミット」で定められた目標
1990年から2000年のあいだに、5歳未満児死亡率を3分の1減らす、もしくは出生1000人当たりの死亡率を50~70人にする。どちらか低い方を実現する。

成果
5歳未満児死亡率(U5MR)の世界平均は11%減少し、1990年代はじめ、出生1000人当たり93人だった死亡数が83人になりました。3分の1削減という目標を達成できた国は60か国にのぼります。

・・・しかし

2010年までに、5歳未満児の死亡率のサハラ以南のアフリカで発生すると予測されます。HIV/AIDSによる5歳未満児の死亡の増加、保健サービスが整わず予防接種が出来ないなどにより、この地域の危機的状況は、さらに悪化しています。

どこで5歳未満の子どもが命を失っているか?

5歳になる前に命をうしなう子どもの割合





5歳未満児の死亡原因(1999年)
円グラフを見るとわかるように、子どもが命うしなう原因の多くは、わずかな費用で予防し、なおすことができるものです。


子どもの死亡率の改善にはばらつきがある

5歳未満児死亡率が最も高い地域で死亡の減少幅が小さく、5歳未満児死亡率が最も低い地域にめざましい改善が見られる。
5歳未満児死亡率 各国データ(2000年)

栄養不良

開発途上国では、5歳になる前の子どもの3人にひとりが栄養不良になっています。栄養が足りなかったり、バランスが悪いことのために、からだの成長や知能の発達に悪い影響をおこします。

栄養不良の原因は
・貧しかったり、災害や戦争がおこったりしたために、充分な食べものが手に入らない
・栄養のことについてあまり知らないので、同じものばかり食べてしまったり、栄養のかたよった食 生活をしている
・ビタミンAやヨードなど、地域によってとりにくい栄養素がある
・赤ちゃんを産み育てるお母さんの栄養がたりない

開発途上国の1億5000万人の子どもが栄養不良


出生時体重が2500グラムを下回る子どもの割合


データ(1995~2000年)