貢献できるボランティアプログラムの仕組み

貢献できるボランティアプログラムの仕組み

ボランティアプログラムの目的

ぼらぷらは、2003年に「困難な状況の人々や子ども達を支援する」事を目的に設立された団体です。
約10年前からボランティアプログラムを実施し、ボランティアプログラムを通して持続的に現地に貢献することを目的に活動しています。貢献組織としての長年の経験を生かして、
ぼらぷらのボランティアプログラムでは、参加することで現地に貢献できる仕組を作っています。

貢献につながるボランティアプログラムの仕組み

ボランティア・プログラムの概要図

ポイント1 支援ニーズのマッチング!

課題

支援対象者

貧困などの理由により、教育が受けられない、 生活や食事がままならない、社会的差別を受けている等、様々な困難な状況の人々・子ども達が助けを必要としています。

支援対象者

支援対象団体

そして支援対象者に対して現地のNGOなどの貢献団体が支援を行なっています。 しかし、支援をしたくてもいくつもの課題「広報力不足」「人手不足」「資金不足」などがボトルネックになり上手く支援が出来ないことが多くあり、支援を求めています。

支援対象団体

支援ニーズの解決

貢献プラットフォーム

ぼらぷらでは現地貢献団体からの要請を受け、ボランティアプログラムを通して課題解決を図ります。 それと共に支援の輪を広めて行きます。

支援対象者

支援者

支援者となるボランティアプログラムの参加者さんにも様々なニーズがあります。 「現場を知りたい」「経験したい」「人の役に立ちたい」「将来の進路を考えたい」などです。

支援対象団体

現地の課題解決!

解決法1
広報では、参加者が訪問することで貢献団体の事を多くの参加者に知っていただくことができます。
解決法2
人手不足では、参加者さんがボランティア活動をすることで現地の人手不足を解消します。
解決法3
資金不足では、ぼらぷらや参加者さんから貢献団体に寄付をすることで資金不足を解消しています。

こういった活動により貢献団体の課題を解決して、支援対象の人々・子ども達により一層の支援ができるようになります。

カンボジアスタディツアーの訪問先の孤児院から、感謝状をいただきました!

感謝状

感謝状の日本語訳
ボランティアプラットフォームの皆さんが私たちのNGOを支援する為に、文房具や食料、またボランティアの 方々を派遣して下さったことを、センターの全ての子供たちに代わり、心からお礼申し上げます。皆さんの支援のおかげで、センターにいる子供たちがより健康で幸せになることができました。私たちは、ボランティアプラットフォームのさらなる発展と飛躍をお祈りいたします。

現地の課題解決!

一人でも多くの方に現地の状況を知っていただくことで、さらに多くの方が現地に興味を持ってくれます。

そして、参加者さんも日々の生活の中で貢献を心がけたり、寄付を行ったり、現地での経験をいかして仕事を通して支援したりします。一人ひとりの小さな貢献がやがて大きな貢献につながっていきます。

ぼらぷらではこういった支援が連鎖するボランティアプログラムを提供し、
支援者の皆さんと共に支援対象者への
貢献を持続的に実施できる仕組を作っています。

注目コンテンツ

  • 春休み割サイドバナー
  • GW・初夏募集トップバナー
  • 夏秋カンボジアスタディツアー募集
  • 満足度NO1カンボジアボランティア
  • 日本最大級の海外ボランティアSNSサイドバナー
  • 高校生特設ページ用バーナー
  • 長期XボランティアXインターン
    • プログラムを知る・理解する
    • よくある質問
    • プログラム説明会
    • プログラム作りで大切にしている5つのこと
    • ぼらぷら貢献事業
    • 安全面とサポート
    • プログラム参加特典
  • 最新パンフレット配布中!割引クーポンあり
  • 社会人におすすめ!
  • ご参加を迷ってる方へ
  • 貢献の輪を広げよう
  • ぼらぷら支援の広がり
  • ぼらぷらブログ
PageTop