• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

現地の現状と歴史

  • 評価4つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2015年8月参加
紹介割コードin461110ded

日本に生まれたことを幸せに思い、他の国の人たちも幸せにしよう

参加前の気持ち

視野を広げたい、人の役に立ちたい、現地の様子が見たい・知りたい

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

日本では感じることの無い刺激を受けたいと考え、参加することを決意しました。また、映画『僕たちには世界を変えられない』を観て、実際にカンボジアの現地に訪問したいと考えました。              

プログラムに参加した感想は?

 カンボジアのスタディーツアーに参加して多くのことを学びました。
現地に行くまでは、カンボジア=貧困国というイメージしかありませんでした。しかし、貧しい人は多いが、金持ちの人も多数存在すると知りました。その背景には、カンボジア国内と国際の問題が絡んでいます。その問題は現在だけでの問題ではなく、過去の問題からずっと続いているものもあります。何も罪を犯したわけでもなく、ただ生まれきたときから家庭が苦しく、一生働いても安定した生活ができない人がたくさんいます。私が現地で見た貧しい家庭を見たり、話を聞いていると、日本での刑務所暮らしと変わりがあまりないと感じました。そのような貧しい家庭では、こどもに教育よりも出稼ぎだったりを優先するので、自分がなぜ貧しいのかや、この先どうすればいいのかなんてことは一生理解できないまま死んでいくのです。私はその話を聞いたとき、日本で自分は多くの学ぶチャンスなどがある恵まれた環境にいるのにも関わらず、色々なことから逃げてきた自分をとても情けなく感じました。しかし、このようなことに気付いたのもこのツアーに参加したからです。この気持ちを忘れずにこれから行動していきたいです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

日本にいる限り、少なくともカンボジアの人たちよりは色々な場面で多くのチャンスがあるはずです。
そのチャンスを逃さないように心がけて生きていきたいです。そして、またボランティアなどで積極的に貢献していきたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

いいえ

理由

これから参加される方へアドバイスお願いします!

迷ってるなら参加するべし!!