• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

オークン!カンボジア

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク感謝でいっぱい
  • 2013年1月参加
紹介割コードin038019532

ありのままの自分を

参加後の気持ち

感謝でいっぱい

プログラムに参加した理由を教えてください

アジアを数ヵ国訪問し、みずからもアジア系ハーフとしてうまれて、考えてきたことが、日本が、アジアを蔑ろにしてきたのではないかという疑問と、このさきこのような姿勢では日自体やっていけないのではないかという危機感から、なんとか自分なりにアジアと日本をつなぐようなことができないかと思い立ち参加を決意した。将来的にアジア全体での繋がりを強化し、多くの課題を抱えた途上国と日本がともに発展していける道を模索していきたい。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

 オークン!(カンボジアの言葉でありがとうの意)その一言に尽きる出会いと経験と学びができた最高の一週間でした。私たちはこのプログラムによって二つできることがあるのは間違いないです。一つ目は観光!様々な観光地に日本のノリが分かる素敵なガイドさんが同伴し丁寧な説明を受けながら安全に行くことができます。二つ目に、ただ観光するだけではなく、地に足のついた人間の出会いができる場が用意されてるということ。教育に携わりたい興味がある、子どもが好き、ボランティアをしてみたい、途上国の現状を知りたい、なんとかしたい・・・そう思っている人ならばそれができる環境であることは確かです。日本語学校、カンボジアの小学校、孤児院、小児病院と数々の場所があり、活動はご飯を作ったり日本の何かを紹介したりと特別難しいことではないので、何も特技がないからできないんじゃないかと不安に思っている人でも、きっと自分ができることを見つけて活動できると思います。私自身、これといった特技はありませんでした。ただ、アジアに触れたいという想いだけでした。でも、カンボジアで活動をしている日本人の方々は共通してこのようなことを教えてくれました。「自分にしかないものを見つけるのは難しい。自分よりもその分野が秀でた人はいくらでもいる。でも自分を生かせる場所を見つければ、たとえ小さな事でも人の役に立ち、喜ばれる」と。このことを聞いたとき、肩の荷がおりたように思いました。難しく考えていた途上国の問題に対して、自分らしくできることをやっていけばいいんだと素直に思えるようになりました。

何か想いがあるのならば、やりたいと思っているのならば是非行ってみてください。あなたらしく、活躍できる場が必ずあります。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

具体的にであれば、自分という人材がどこで役に立つのかということを考えたり、同じように途上国のことを考えてくれる人が増えるようにこの経験を話したりして生かしたいと思います。しかし、今回のプログラムで学んだことはそういった具体的なことばかりでなく、自分の持っているものやできることが小さくてもやることに意義があるという姿勢、カンボジアの人が日本を尊敬しているからこそ日本人としての誇りをもち生きていこうとする気持ち、こういった経験から学んだ人間のもつ可能性を他の人にも見いだしていこうとするといった精神的な面での成長と、その成長を通した生き方で生かしていけることもあるんじゃないかなと思います

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

安全かつ学べるため

これから参加される方へアドバイスお願いします!

お金だけでははかれない経験と出会いができます。チャンスだと思うのなら一歩踏み出そう!