• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

子どもたちの笑顔は世界共通

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年9月参加
紹介割コードin0547341a6

感動ばかりの一週間でした。カンボジアの子どもたちの笑顔とひたむきな姿は、一生忘れられません!

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

将来教師になることを目指しており、子どもの教育に興味があります。今の私は、まだまだ日本という狭い世界しか知らず、その範囲を超えて様々な国や地域の子どもや教育について考えることが出来ていないと感じています。もっともっと広い視野をもち、日本とは全く異なる環境で生活する子供たちに出会いたい、そしてその子たちに対して、自分には一体何ができるのか、ということを考えたことがきっかけです。現地では、沢山の子どもたちに出会い、一人ひとりと真剣に真っ直ぐに向かい合い、私からも沢山の笑顔を届け、沢山の笑顔に出会いたいです。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

本当に、沢山のことを考えさせられた一週間でした。
カンボジアという国の現状を目の当たりにし、日本とは全く違う環境の中で「自分には何が出来るのだろう」と何度も考えさせられました。そして何より毎日が感動の連続でした。
カンボジアで出逢った子どもたちの笑顔は、一生忘れられません。貧しくても両親がいなくても、そこにはたくさんの笑顔がありました。素直で元気で、まじめで礼儀正しくて、環境は全く違っても話す言葉が違っても、本当に子どもたちの笑顔はどこでも同じ、パワーをもらえるものだなあと、改めて強く強く感じました。教育を受けるためにもお金がないと受けることさえもできないこと、日本語を一生懸命勉強していても、カンボジアから日本への留学は本当に難しいものであること、まだまだ病院が不足していて幼い多くの子どもたちが命を落としていること、初めて見た現状に心が痛みました。本当に今回自分がしてあげられたことはちっぽけで、それに対して何もできない自分がもどかしく、つらかったです。
孤児院の子どもたちと別れる時には、本当に自然と涙が出ました。「Ok? smile!!smile!^^」と私の方が励まされ、元気をもらってしまいました。言葉にはできない感情を一度に沢山感じることのできた、本当に貴重な時間だったなと強く感じています。


改めて日本の生活の便利さ快適さ、そして裕福さを感じた旅でもありました。
だからこそ、自分にできることはもっとあったのではないかと思います。決して満足といえる環境ではないところで、あんなにも懸命に勉強している子どもたちの姿を見て、自分はもっともっと頑張らなければいけないな、と素直に感じました。普段の当たり前の生活を当たり前だと思ってはいけないこと、自分の周りの環境全てに感謝をしたいと思ったことなど、今回感じたすべての感情を大切に、忘れずにいたいです。

また、カンボジアの子どもたちの素敵な笑顔に会いにいきたいです。


今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

今回のこの1週間で得たものをそれで終わらしてしまうのではなく、これから先もずっと自分にできることを考えていきたいな、と思います。日本にいる自分にできることは本当に少ないかもしれないけれど、それでも一人ひとりの小さな気持から必ず何かを変えていけることはできると思います。今回出会えたカンボジアの子どもたちの笑顔を忘れず、自分にできる事から精一杯、また自分自身の普段の何気ない生活への感謝の気持ちを忘れずに、日々を大切に過ごしていきたいなと思います。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

現地に行ってみなければわからないことばかり!

これから参加される方へアドバイスお願いします!

ただ話を聞いているのと、実際に自分の足で行き、現地の状況を自分の目で見るのとでは大きな差があることを強く感じました。行ってみなければわからないです。沢山の人に、同じ感動をしてもらいたいです!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

本当に貴重な体験をありがとうございました。
参加して、よかったなと心から思います。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む