• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィリピン スタディツアー AE-2015.3.31への海外ボランティア

世界に肌で触れて感じる6日間

  • 評価4つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年8月参加
紹介割コードin058948973

笑顔と優しさに触れた素敵な旅でした☆

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

高校生のときに池間哲朗さんの本と出会ってから、ストリートチルドレンやスモーキーマウンテンに大変興味を持ちました。それから、いつか実際にこの目で見てみたい、いつか必ず現地を訪れてみたいとずっと思っていました。

小さい頃から教師に憧れていて、教師を目指して教育大学に進学し、現在は福岡県の八女市星野村というところで山村留学の指導員として、小学生の子どもたちと寝食をともにする生活をしています。

教師をめざす者として、これからを生きる子どもたちに、世界の色んなことを伝えられる人でありたい。様々な体験の機会を与えられる人でありたい。そのためには、自分自身がたくさんの経験を積んで、多くのものに触れることが何より大切だと思っています。
そして、世界には過酷な環境のなかで懸命に生きている子どもたちがたくさんいることを、この目で見たこと、知ったことから、伝えていけたらと願っています。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

今回のスタディツアーの中では、様々な施設へ訪れる機会に恵まれました。そのなかで、たくさんの子どもたちと出逢い、またフィリピンの社会の状況を改善すべく活動している多くの方々の思いに触れることができました。
出逢った人々は皆とても明るく、笑顔がキラキラして見えました。孤児院のこどもたちも、スモーキーマウンテンのこどもたちも、そして、ホームレスで街路で寝泊まりする人々も、生きるエネルギーに満ち溢れていました。

自分の事前の準備や知識の無さ、英語力の乏しさに、はがゆい思いをする場面も多くあったことも事実ですが、その分、もっともっと自身で学ぶ必要性や向上心を持つことを身に染みて感じることができました。
それは、この旅を通して自分がどうしていくべきか、どのような道へ進んでいきたいのか、改めて自身に問い直す大きなきっかけとなったとおもいます。

旅の中で出逢った仲間たちとの語らいも、とても大きな収穫でした。どんな思いでこの旅に参加したのか。どんな夢をもっているのか。今の社会をどう思うか。様々なことを話ました。
ですが、もっと早くから声をかけていけばよかったという思いや、もっと全員で交流できたらよかったという心残りがあります。
また、なかなか活動について深めていく時間や情報をシェアすることができなかったのですが、もっと活動ごとにみんなでリフレクトできたらよかったと思いました。

そのような反省も含めて、今後の自分の生き方や人との関わり方について改めて考えさせられました。
この旅でのきっかけを活かして、また更なるステップアップと世界との関わりの広がりを目指してこれからの日々を懸命に生きていこうと思います。
この旅での出逢いの全てに感謝を込めて、、、
サラマッポ!☆

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

現在、そして将来に渡って、子どもと関わる仕事をしたいと思っています。そのなかで、自分が見てきたものや自分の触れた世界について多くのことを子どもたちに伝えられる大人になることが自分の目指す自身の姿です。
この旅で見てきたマニラの人々の暮らしは、日本で生きる子どもたちに是非とも知ってほしい世界の現状です。出逢った子どもたち、ストリートチルドレンやスモーキーマウンテンで生活する人々、ホームレスの人々が溢れている街中。まずは、そういった状況にある人々がいることを知ってもらうこと、目を背けずにその現実を受け止めること、そこから、自身の日々の暮らしの豊かさや周囲の人々への感謝を忘れない心の大切さを伝えられたらと思っています。

まだまだ知らない世界がたくさんあるので、もっと様々な地へ訪れて行きたいと思っています。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

様々なプログラムがあるので、色々な地へ訪れてみたい。次回は長期のプログラムで参加したいと思います。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

多くの出逢いを良いものにするか否かは、自分自身にかかっています。ぜひ、たくさんの実りある旅になるように、人との関わりにしりごみせず、どんどんトライしていく旅にしてください!