• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

ここにしかないたくさんの幸せ

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク忘れられない
  • 2014年9月参加
紹介割コードin09951fb6c

日本へ帰るとき、子供たちが寂しいと言って、私に抱きついてきてくれたこと。止まらない私の涙をふいてくれたこと。ありがとうと言ってくれたこと。

参加後の気持ち

忘れられない

プログラムに参加した理由を教えてください

私は、小さな頃に、あるテレビでカンボジアの子供たちが、大変な状況にあっても、強く明るく、夢に向かって一生懸命生きる様子を見て強く心を打たれ、いつか必ずカンボジアに行きたいと思っていました。また、国際協力というものにとても関心があるので、海外ボランティアを自分を試す第一歩にしたいと思い、今回参加することにしました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 毎日歩いた道
    毎日歩いた道
  • 帰り道
    帰り道
  • 笑顔
    笑顔
  • 家族
    家族
  • 笑顔
    笑顔

プログラムに参加した感想は?

今回このボランティアに参加することができ、本当に良かったと心から感じています。カンボジアに行く前、来たときの最初のほうは、本当にここで1週間も生活していけるのだろうかと不安に思っていました。しかし、一緒に来た日本人の方、ホームステイ先の家族の方、村の先生方、現地の方、本当に皆さん温かく、優しい方々で安心しましたし、何よりも子供たちの元気に勉強を頑張る姿、人懐っこい笑顔を見ると、一気に不安は吹き飛び、私も頑張ろうと思えました。そして、誰もが最初は、自分が子供たちに勉強を教えることができるのだろうかと心配していましたが、子供たちは素直で積極的に勉強を頑張ってくれて、勉強を教えるのはとても楽しかったです。また、子供たちはとても人懐っこくて、休み時間は子供たちと心の底からはしゃぎ、笑い、子供たちの笑顔に癒され、幸せな時間でした。
私は、時間に追われることなくのんびりとして、大自然と動物たちに囲まれ、村の方々の優しさ、子供たちの元気な笑い声や笑顔に溢れたカンボジアの生活が大好きです。確かに日本で暮らしている私たちにとって、カンボジアでの生活は不便だと言えるかもしれません。しかし、便利な生活が幸せだとは限らないのだと気付きました。
大袈裟かもしれないけれど、便利な日本での生活より、カンボジアでの生活のほうが、本当に人として心の底から笑って、何かに感動して、幸せを感じていたかもしれません。お金や便利さには変えられない、そこにしかないたくさんの幸せと愛に溢れていました。帰る頃には、日本に帰りたくないぐらい、カンボジアとカンボジアの皆のことが大好きになっていました。本当に帰る時は寂しくて辛かったです。子供たちの笑顔、笑い声、私の名前を呼ぶ声、
村や学校の方々のあたたかさ、大自然の中で見た景色、すべてが愛おしく恋しいです。
どうかこれからもこの笑顔が続きますように。子供たちの夢が叶いますように。また必ずカンボジアに行きたいし、もっともっと力になりたいと思いました。これからもこのような活動を続けていきたいです。子供たちがどんな大人になるのか、今からもう楽しみです。私も子供たちに負けないよう、強く明るく生きて、自分の夢に向かって頑張ろうと思います。今回のこのボランティアで出会ったすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

この経験を活かすというより、この貴重な経験をいつも胸に留めて、頑張っている子供たちの姿を思い出しながら、
自分も頑張っていきたいです。また、国際協力などに興味があるので、この経験をさらに次の行動へ繋げていきたいです。

画像をクリックすると拡大します。

  • 笑顔
    笑顔
  • 真剣な姿
    真剣な姿
  • 1.2年生
    1.2年生

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

本当に良い経験をさせてもらえたから。子供たちの笑顔をまた見たいから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

ここでしか経験できないこと、幸せ、感動がたくさんあります。迷っているなら、絶対に行くべきです!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

私たちが知らないような大変なこともあると思いますが、子供たちの笑顔と将来のためにこれからも頑張ってください。皆さんに出会えてよかったです。ありがとうございました。また絶対に行きます!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む