• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

地面から伝わってきたカンボジア

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク忘れられない
  • 2015年9月参加
紹介割コードin461229092

日本の常識では考えられないような環境で育っていく子供達の笑顔は純度100%で人一倍輝いて見えた!元気と勇気が心に満ちるこのボランティアはサイコーだった!!

参加前の気持ち

初海外で不安

参加後の気持ち

忘れられない

プログラムに参加した理由を教えてください

どうしても大学1年の夏から海外の様々な文化や価値観に触れたいと思い、学校のボランティア相談室に行ったのが始まり。そこで、職員の方にオススメしていただいたのが今回のカンボジアで日本語と英語を教えるというボランティア活動だったので行こうと思った。ボランティア自体に特にこだわりはなく、とにかくいろんな人と関わって吸収できるものを見つけたかった。

画像をクリックすると拡大します。

  • 子供
    子供
  • アンコールワット
    アンコールワット
  • ステイ先
    ステイ先
  • 赤ちゃん
    赤ちゃん
  • 遊んだ様子
    遊んだ様子

プログラムに参加した感想は?

とにかく最高だった!!
行く前に想像していたのは、生活が厳しい環境で子供達が辛そうに過ごしていて、それを僕らが少しでも支えるみたいなイメージだったけれど、実際の子供達は全然違った。むしろ学校では僕らが汗だくになるくらい元気いっぱいでテンションが高くてとても人懐っこくて可愛かった。授業では僕は高学年の6、7年生に授業をしたのだが、みんな日本語が上手で普通に日本の友達感覚で絡めたし、簡単なクメール語を教えてもらったりしてとても和気あいあいとした授業だった。みんな発言意欲が高いので授業がスムーズに進んだ。低学年は元気すぎて苦労していたようだが(笑)
日曜はアンコールワットや地雷博物館、街の市場などに行って観光を楽しんだ。地雷博物館では、未だにカンボジアの地に埋まる地雷の恐ろしさや、戦争の悲惨さを改めて強く確認した。今後、カンボジアの人々が地雷の被害にあわないことを心から願っている。市場ではみんな日本語で話しかけてきて、値段の交渉とかで絡むのがすごく楽しかった。お金をたくさん持って改めてまた行きたいくらい(笑)
村の生活は最初は不慣れで抵抗がある部分もあったけれど、最終的には何の抵抗もなくなって、むしろ帰国後恋しくなるような日常だった。村の道を裸足で歩いた時初めて、僕が育った環境との大きな違いが地面から伝わってきた。リアルでカンボジアにいるんだという再確認をした。
何から何まで一生忘れることのない貴重な経験になったと思う!村の子供達が日本語をしっかり勉強して、日本に遊びに来てくれる日が来るのを心待ちにしている!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

僕らがした経験は日本人全員がするものではないから、特別なものだと思う。その経験の素晴らしさを伝えることができるのは実際に行った僕らだけ。僕らがこのボランティアで学んだことや経験したことを周りの人に伝えて、日本からの参加者をより増やすことでカンボジアの人たちの力になれるのであれば、それが僕達のできる最短の世界貢献だと思う。一人で大きなことをするにはまだまだ自分は未熟すぎるのでこういう小さな活動から少しでも力になっていきたい。

画像をクリックすると拡大します。

  • ダンスパーティ!
    ダンスパーティ!
  • 売店の男の子と!
    売店の男の子と!
  • 市場
    市場
  • 授業
    授業

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

子供達にまた会いに行きたい!

これから参加される方へアドバイスお願いします!

行きたいと思ったらすぐ動く!迷ってたらチャンス逃すかも!絶対後悔しないから勇気を出して行ってほしい!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

子供達にとってぼらぷらはなくてはならない団体だし、スタッフの方々は彼らにとっては第2の家族のような関係になっていると思う!これからも様々な支援で世界に貢献していっていただきたい!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む