• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

笑顔の効力

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークすごく良かった!
  • 2012年10月参加
紹介割コードin03068f549

カンボジアの人々、そして初めて出会った仲間の笑顔が私を救った!笑顔には万国共通のそれだけの効力があるのです!

参加後の気持ち

すごく良かった!

プログラムに参加した理由を教えてください

私は医学生ではありますが、教育という面においても非常に興味があります。カンボジアの学校で授業をしたことがある友人の話や子供たちの笑顔いっぱいの写真をみて大きく心動かされました。行って、実際に触れてみたいと。もし、そこで何か自分にもできることがあるならば、微力ながらもカンボジアの人たちと学びあえることができたら・・・と思い参加したいと思いました。

プログラムに参加した感想は?

私は、今回ボランティアとして、初めていわゆる、発展途上国、に行きました。到着までは日本とあまりに違うであろう現地での生活にとても不安を感じていました。しかし、着いてしまえばそんなものは一気に吹き飛びました。明るく迎えてくれるホストファミリーや日本人の仲間たち。彼らの笑顔に緊張も緩みます。そして驚いたのは、お母さんが作ってくださるご飯のおいしいこと!!普段、少食な私でさえおかわりしてしまう程でした。驚いたことと言えば、たくさんある中でもう一つ。夜真っ暗な村の上空に広がる満点の星空。流れ星もみました。そして、素晴らしい朝日の輝き。どちらも日本の生活の中では決して見ることのできないものが、カンボジアでは当然のように生活に寄り添って存在していました。学校で子供たちと触れ合えば、驚くことも多くありました。その中で私の心に強く残って今も心を刺激するもの。それは、彼らの真っ直ぐな笑顔です。日本人から見れば、十分とは言えない勉強道具や遊び道具、衣服を身に着け、屈託のない笑顔で真っ直ぐにこちらを見るのです。自分の悩みや汚い考え、すべてどうでもよくなりました。そして、今もなお、彼らの笑顔は私の心を試します。それと同時に日本人にモノをねだるカンボジアの子供たちの必死さと言ったらもう、それは驚くほどでした。しかし、これがカンボジアの現実です。ボランティアとして参加した私たち日本人は、その両面をこの国の現実として受け止めなければならない、と思いました。長くなりましたが、要するに不安いっぱいいっぱいで参加しましたが、たくさんの人の笑顔に支えられ、実際に行ってみなければ分からない現実をみれたように思います。またいつか、成長した子供たちに、会いに行きたいです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

カンボジアに実際に行って学んだこと、感じたことを日本の友人たちに話して、少しでも多くの人にカンボジアについて知ってもらいたいです。一人ひとりができることは、あまりにも微力です。しかし、それをたくさんのひとで繋げていけば大きな力になるはずです。そのきっかけをともにカンボジアで過ごした仲間とともに始めたいと思うのです。それでこそ、今回このボランティアに参加した意味があるのではないか、と思います。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

これから参加される方へアドバイスお願いします!

百聞は一見にしかず!!ぜひ自分自身の身体で、心で、カンボジアを感じてみてください!!