• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

気付かされることがいっぱい!

  • 評価4つ星評価 ニコニコマーク優しさに触れた
  • 2013年8月参加
紹介割コードin0587294f1

授業中、必死で当ててもらおうと『わたしー!』と手を挙げる子どもたちの姿には感じるものがたくさんありました。

参加後の気持ち

優しさに触れた

プログラムに参加した理由を教えてください

 私は自分の視野を広げたいと考えていて、特に貧しい国に行き日本という国がいかに幸せなのか、そして世界にはまだまだ貧しい国があり苦しんでいる子どもたちがいることをこの目で
みて、実感したいのです。そして自分にできることが何かを考え、見つけ行動したいです。
 このボランティアに参加してきっと今までにない新たな経験になると思います。自分の考えを広げることのできるように、毎日を有意義にカンボジアの子どもたちに何か自分の力で伝えたいと思います。

プログラムに参加した感想は?

今回このボランティアに参加して、日本にいるとなかなか気付くことのできない
普段当たり前にしていたことへの有難さ、ちいさな幸せにもこの1週間で気付くことができました。
村での生活は、想像していた以上に日本とは違い、正直しんどいこともありましたが、
その分、日本はどんなに豊かな国であるのか、しかしカンボジアという国が不幸なわけではないとわかりました。
便利なものに溢れている日本、自然と共に生活していて笑顔が溢れる村。日本で生活している私には
村での生活が大きく心に響きました。
そして、村のこどもたちの勉強への意欲と、笑顔にすごく感動させられました。
そしてその勉強意欲に応えようと、授業を工夫することで自分の中で達成感を味わうこともできました。
授業中、一生懸命手を挙げる子どもたちの姿は、本当にきらきら輝いていて私も頑張ろうという
やる気をもらえました。授業最終日には、子どもたちが私のために手紙を書いてくれました。
絵や日本語、英語で書かれたありがとうや、I love you すごく嬉しくて思わず涙が出ました。

たった1週間でしたが、こんなに濃い1週間は過ごしたことがありませんでした。
一生忘れることはありません。日本で生活する中で日頃からもっとたくさんのことに
幸せを感じ、感謝しようと思いました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

このカンボジアでの経験を周りのひとたちに伝えて、
もっと1日1日を大事に過ごそうと思いました。
自分の夢に向かってもっと努力しようと決めました。
子どもたちにもらった元気やきらきらした笑顔は
一生忘れないし、大きく視野を広げることができました。
これからはちいさな幸せもしっかり感じれる
心の広い大きな人間になろうと思います。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

大きく視野が変わったからです。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

村での生活は日本にいる私たちには驚きや慣れないことが多いですが、それ以上に子どもたちの笑顔には感動と喜びをもらえます!