• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

憧れのカンボジア

  • 評価4つ星評価 ニコニコマークすごく良かった!
  • 2015年9月参加
紹介割コードin124848fab

現地での感動!仲間もできます!すごく良いですよ(^o^)/

参加前の気持ち

現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

すごく良かった!

プログラムに参加した理由を教えてください

私の参加動機は、ある1冊の本に影響されたからです。その本には、カンボジアでのボランティア活動のことが書かれてあり、高校生のときの私には衝撃的なものでした。私もカンボジアに行って貢献したいという強い思いが、大学生になりこのツアーに参加する動機になりました。

画像をクリックすると拡大します。

  • アンコールワット
    アンコールワット
  • アンコールワットと逆光
    アンコールワットと逆光

プログラムに参加した感想は?

振り返ってみて、充実した7日間だったと思います。高校生のころから憧れていたカンボジアの地にに自分が立っているということに感動してしまい、最初の2.3日は興奮が止まりませんでした。

このプログラムは、主に観光がメインのような感じを受けます。しかし、現地ガイドの方がカンボジアについての問題、そこから世界につながる話について熱く熱く語って下さったので、カンボジアについての知識も得られます。現地の人のお話は、テレビを見るより、本を見るよりインパクトがあります。

そのお話を聞くことで、カンボジアは私が考えているよりも貧しく、格差が激しく、汚職が蔓延り、その汚職により教育や医療がうまくいってないという現状があるということを知りました。暗い歴史もあります。
でも悪い部分だけではなくて、カンボジアには世界に誇れる遺跡などの文化財がたくさんあります。人々も毎日を生きるということに一生懸命で、サーカスやシルク織りなどの文化も含め他国に劣らない素晴らしい魅力をもった国だと思います。
もう一度行きたいくらい私はカンボジアのことが好きになってしまいました。
世界が平和になるためには、一人一人がみんなのことを考えられるようにならなければいけません。自分一人のことだけではなく、です。

そのために私たちができることは、まず世界について知ることだと思います。知ればアクションが生まれます。本だけでは、どこの国がどのように困っていて、実際は何が必要なのか?を知ることが出来ません。

百聞は一見にしかずということわざがあるようにまず自分の目で見て、耳で聞いて、足で立ってみることが一番良いのではないかと思います。
以上のようなことがこのプログラムに参加して得たことです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

具体的にどのように活かすのかということは分かりません。しかし、私の人生にとって大きな糧になったと思っています。今はまだ分かりませんが、将来活きてくる場面があると思っています。他の国にもどんどんいってみようと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • アンコールワットと夕方
    アンコールワットと夕方
  • 孤児院の子供たち
    孤児院の子供たち

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

送迎、食事などプログラムされている点。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

実際に現地にいくこと!チャンスがあればどんどん海外に行くべきだと思います

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

現地ガイドさん!これからも頑張ってください(^o^)/

ふきだし

その他の応援メッセージを読む