• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアー 5日間への海外ボランティア

視野の広がる学びの5日間!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク絶対行くべき
  • 2015年7月参加
紹介割コードin458388411

現地の人たちの優しさを肌で感じれます!

参加前の気持ち

初海外で不安、1人参加で不安、語学力が心配、視野を広げたい、成長したい、人の役に立ちたい、現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

絶対行くべき

プログラムに参加した理由を教えてください

学生の頃に学んだ道徳がきっかけで、ボランティアであったり、1人の人間として何ができるのか、考えるようになりました。

とは言いつつも、なかなか行動に移す機会がなく、混沌とした思いのまま日々を過ごしていました。そんな時にインターネットで本ツアー見つけ、参加の決め手となりました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 孤児院での集合写真
    孤児院での集合写真
  • 地雷博物館
    地雷博物館
  • マーケットで知り合ったトゥクトゥクのお兄さんとパチリ。
    マーケットで知り合ったトゥクトゥ...
  • スーパーには日本食も豊富です。
    スーパーには日本食も豊富です。
  • メロンパンをつくりました。
    メロンパンをつくりました。

プログラムに参加した感想は?

本ツアーを通して、「衛生環境や交通マナーなど、現在のカンボジアが抱える課題」や「アンコール遺跡群に関する、カンボジアの歴史や宗教」、そして、「現地の人たちの心の豊かさ」を学ぶことができました。

とくに、日本からの支援によって「地雷撤去が進み、地雷による被害が減少していること」、「都市および地方への小児病院開設、若手スタッフ教育に伴う医療設備の底上げによって、子供たちの命が救われていること」を知り、日本人としての誇りを感じました。

また、現地の人たちとの交流が多いことが、とても刺激になりました。
マーケットでは、トゥクトゥクのお兄さんたちとくだらない話で盛り上がり、SNSを交換し、
孤児院の子供たちは、活発で日本から持ってきた風船や折り紙などに興味津々でした。とくに、インスタントカメラは「我先に」と写りたがるその姿には、かわいらしさを感じました。

私にとって、ボランティアとは国規模の大きなものだと考えていましたが、今回のツアーを通して、「その国の文化や歴史を学ぶこと」、「現地の人たちと交流してお互いを知ること」などの小さなことの積み重ねが、大きなボランティアへの一歩へと繋がっていくのかなと感じました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

衛生環境や交通事情を知り、改めて日本の環境の良さを感じたので、このような恵まれた環境で背かつできることに感謝の気持ちを持って生活していきたいと思います。そして、この経験を自身に留めるだけでなく、周りの人たちにも積極的に伝えていきたいと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • タ・プローム遺跡
    タ・プローム遺跡
  • アンコール・ワットの遺跡の精密さには目を見張ります。
    アンコール・ワットの遺跡の精密さ...
  • 日本からの支援で建設された小児病院では、寄付プロジェクトも行っています。
    日本からの支援で建設された小児病...
  • 孤児院で出会った少年ティコ
    孤児院で出会った少年ティコ
  • 「疲れたらハンモックで一休み」が日課。
    「疲れたらハンモックで一休み」が...

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

現地の人たちとの交流が多いため

これから参加される方へアドバイスお願いします!

色々と障壁はあると思いますが、まずは参加してみてください。

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

>日本スタッフのみなさま
出発まで手厚くサポート頂き、ありがとうございました。
やるべきことがタスク化されていて、とてもわかりやすかったです。

>現地スタッフのみなさま
些細な質問にも答えて頂き、ありがとうございました。
駐在員さん、ガイドさん含め、とても心強かったです。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む