• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

最高の夏休み

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク感謝でいっぱい
  • 2015年8月参加
紹介割コードin126516fbb

現地の人たち、子供たちの笑顔のおかげでボランティアに行った私自身が癒され、成長できました。ありがとうごさいました。

参加前の気持ち

自分にできるかな、成長したい、将来の進路に活かしたい、現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

感謝でいっぱい

プログラムに参加した理由を教えてください

大学に入学し、長期休みをどう有効に使おうか考えて夏休みに何かボランティア活動をすることに決めました。特にカンボジアに興味があり、カンボジアの子供達と交流したいと思っていました。写真で見るカンボジアの子供達の笑顔は屈託のないとても輝いた笑顔です。私はその笑顔が見たくてカンボジアに行くことにしました。それからたくさんのサイトを探し吟味してこのボラプラのボランティアに参加することを決めました。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

私は9日間カンボジアでボランティアをしてきました。最初は自分にできるか、現地の生活に馴染めるか不安でした。
しかしこの9日間は私にとってとても有意義なものになりました。

学校では私が想像していた以上に子供たちが元気で、輝いた笑顔を向けてくれました。私はもともと子供と接することに対して苦手意識がありましたが、カンボジアではそんなことがどうでもよく思えるほど子供と接することが楽しくて仕方ありませんでした。あまりに元気が良いのと暑さでバテたときもありましたが、充実感のほうが大きかったです。
授業では、それぞれの学年に特徴がありました。私が担当したのは、2年生と6年生でした。2年生は、とても元気に授業に取り組んでいました。そして積極的でした。
6年生は想像以上に難しいことを習っていました。漢字や文法の練習問題の難しさには驚きました。この学年は落ち着いていましたが積極性はとてもありました。自分で例文を作って私にあっているか聞いてきました。間違えた箇所はすぐに直し、読んでいました。どちらの学年も授業に対する積極性は素晴らしかったです。

ホームステイ先では同い年の子が私たちの世話をたくさんしてくださいました。そして姉さんや兄さんと現地の生活を楽しみました。最初は虫やヤモリなどに怯えていましたがいつの間にかそれも慣れてしまいました。水浴びも洗濯もみんなとするととても楽しかったです。日本となにもかもが違いましたが、私は現地の生活のほうが好きになりました。
また村で見た朝日、夕日、星空は綺麗でとても感動しました。

このボランティアは、私を成長させてくれたと同時に全ての人・物に感謝する良い機会を与えてくれました。ホストファミリー、村の子供たち、先生方、生活を共にした姉さん兄さんに感謝します。本当にありがとうございました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

今回のボランティアでカンボジアの全てに興味がわいたので、これから勉強してみたいと思います。カンボジアについて知らないことが多すぎました。だから次に行くときのためにクメール語を少しでも話せるようにし、文化、生活習慣についても知っていこうと思います。村で感じたことを自分の勉強に生かしていきたいです。また現地の子供たちに日本から何ができるか考えたいです。子供たちの将来に貢献できるよう今大学でたくさんのことを学ぶようにします。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

これから参加される方へアドバイスお願いします!

全力でカンボジアを楽しんでください!!!!!