貴重な体験
貴重な体験

貴重な体験

【海外渡航プログラムについて】ぼらぷらではご出発日の31日前まで取消料がかかりません(2020年3月25日以降にお申込みの方)。詳細はこちらをご覧ください。
オンラインSDGs海外ボランティア研修
オンラインSDGs海外ボランティア研修

初めての方へ

夏募集中!トップバナー

夢の村プロジェクト

グループ割サイドバナー

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

貴重な体験

2012年4月2日 3:52 PM

【滞在期間】2012年3月14日~3月22日 【総評】満足 【性別】男性  【ネーム】しょうじ

 

(1)参加動機

 私が今回のプログラムに参加したのは、元々ボランティアに興味があったのと、 異文化交流や教育に関しての海外ボランティアがしてみたいと思っていたからです。国には特にこだわりはありませんでしたが、タイには行ったことがなかった しプログラムや日程もちょうど合っていたので応募しました。

 

 

(2)参加した感想

 

一番印象が大きかったのは文化の違いでした。特に民族ごとのタブーや強い方言、ミサンガひとつでも一目でどの民族のものであるという違いがわかったりと いったことが印象的でした。このような文化は日本ではあまり見られず、新鮮で刺激的なものでした。タイ・チェンライの小学校ではみんなが真剣に授業を受け、 ノートも自主的にとっていました。児童たちは素直で明るい子たちばかりで、とても楽しく過ごせました。また、行く前のイメージと違うことが多々あり、先入観が勝手に文化の違いや差別を生んでしまうのかな、と感じ反省しました。短い プログラムだったのであまりボランティアができなかったのが残念でしたが、良い経験になりました。あとは果物がとても美味しかったので幸せでした。

 

 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか


今回の体験でタイのことが少しだけ分かったので、もっと世界に目を向けられ るようにしたい