• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

[ぼらぷらSDGs小論文]

紹介割コードin66540a037
わたしのSDGsアクション

『今後のsDGs』

『今後のsDGs』

(800~1500字でまとめていただく様式です。)

私がsDGsを今回学ぶことによってできることは、この学んだことを他のsDGsを自分のように知らなかった人に伝えるということである。また、日本では企業がいま以上に活動を活発化させることが大事だと考える。今わたしには世界を変える力はないが伝えることだったり伝達する力はある。sDGsを1人でも多くの人に伝え、当事者意識を持たせることによって救われる命があるとわたしは考える。sDGsは、日本語にすると持続可能な目標という意味であり様々な企業が取り組むべき17の目標が掲げられている。これは、世界共通であり2030年までに達成することが求められている。
まず、この持続可能な目標について述べさせていただきたい。
少し前から、CSRという活動が盛んに行われていたがこちらは財務省によると企業が社会や環境と共存し活動することが需要しされてきた。内容は企業は法を遵守しながら投資家に対する経済的な責任を果たしながら社会に対して貢献することで、ステークホルダーの信頼を勝ちとるものである。持続可能な開発目標について述べる前に持続可能な開発とは一体何かを説明した い。持続可能な開発は「将来の世代がそのニーズを満たせる能力を損なうことなしに、 現在のニーズを満たす開発」と定義されている2。「開発」という言葉は「発展」と言い換えられることもあり、将来世代に負担をかけることなく現在の社会が発展していくこと意味する。また持続可能な開発を実現するうえでは、相互に関連する経済成長・ 社会包摂性・環境保護という 3つの要素を調和させることが重要であるとされる。社 会が成長・発展していくにあたり 3つの要素のうちどれかを害することなく、すべて に統合的に取り組むことが必要となる。たとえば社会が経済成長を実現するために環 境を破壊し、人権を無視した行動を行うならばそれは持続可能な開発とは言えない。 経済・社会・環境の 3つの要素に配慮し、将来世代に負担を残すことなく現代の社会 が発展していくことが持続可能な開発である。人々に伝えることによって、17の目標があるうちのどの分野が達成できるかは定かではない。人によって3や7だったり達成できる部分は違うのは想定できる。しかし、この人に伝えるということで、企業の人やある程度、sDGsについて興味がある人が1人でも増えることによって活動の幅が広がり、また活動の質も上がると考える。そこで、個人ではなく企業で行う場合について考えたいと思う。企業がもしsDGsに取り組むことによって、さまざまなメリットが生じる。
1つ目に、ビジネス機会を開拓できる点である。少なくとも12兆円の経済効果が見込まれている。
2つ目に、人材育成に力を入れれることである。
しかし、さまざまなデメリットも考えられる。sDGsに囚われすぎて経営が傾く可能性や理解されなく始めてしまうと無意味になってしまう。日本におけるsDGsの現状を考えてみると、目標の4.8.9の3つしか現状到達しているものがないので早急に取り掛からないといけないのである。ですので、政府、企業また個人がsDGsを知り改革して今後持続的に社会をより良くしていく活動を長期的にするべきだとわたしは考える。

オンライン研修を受講した感想

総合的な満足度

満足 4つ星評価

受講前の気持ち

留学に行くはずだったのにいけなくなった

受講後の気持ち

一生モノの学びになった!

研修を受講した理由を教えて下さい

私が申し込んだ理由は独自のテキストを用いており、とても勉強になると思ったからです。
今、国際社会でSDGSの需要が高まっており、ボランティアを経験したかったからです。

研修を受講した感想は?

とても勉強になりました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

就職に生かしたいです

これから受講される方へアドバイスお願いします!

sDGSを自分事ととらえられるように

前へ  |  次へ

一覧に戻る