• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その他のサービス・キャンペーン

  • オンラインSDGs海外ボランティア研修
  • 未来型海外ボランティア
  • 次世代型スキルアップ研修
  • SDGs小論文&アクションプランコンテスト
  • 先着50名限定『オンラインSDGs海外ボランティア研修』【グループ申込/紹介申込】「Amazon Fire7 タブレット」プレゼントキャンペーン!
  • SDGs検定
  • 月額サービス

海外ボランティアならボランティアプラットフォーム♪
知識を身につけるのと同時に、国際協力を肌で感じてみませんか?

国際協力用語集ワード詳細

※一部一致でも検索されます。
※レポート・論文・WEBサイトなどでのご利用の際は参照元として記載・リンクをお願いいたします。

アウトカム
outcome

開発事業によってもたらされる社会経済状況の変化のことです。

単語としては帰結や結果という意味です。似たような言葉にアウトプットがありますが、アウトカムをアウトプットの先に得られる成果のことです。

プログラムセオリーにおいて、何か事業を行えば インプット→アクティビティ→アウトプット→アウトカム という一連の流れが生じるとされます。国際協力の分野では特に、開発行為を行って得られる短期的な結果をアウトプットと言い、中長期的な成果をアウトカムといいます。また、最終的なアウトカムから、外部要因によって引き起こされた変化を差し引いたものをインパクトと呼びます。

ただし、EUや世界銀行などは短期的な効果をアウトカムと呼び、長期的な効果をインパクトと呼びます。主体によって少々用い方が異なることもあるようです。

開発協力の用語一覧へ
あ行の用語一覧へ