• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その他のサービス・キャンペーン

  • オンラインSDGs海外ボランティア研修
  • 未来型海外ボランティア
  • 次世代型スキルアップ研修
  • SDGs小論文&アクションプランコンテスト
  • 先着50名限定『オンラインSDGs海外ボランティア研修』【グループ申込/紹介申込】「Amazon Fire7 タブレット」プレゼントキャンペーン!
  • SDGs検定
  • 月額サービス

海外ボランティアならボランティアプラットフォーム♪
知識を身につけるのと同時に、国際協力を肌で感じてみませんか?

国際協力用語集ワード詳細

※一部一致でも検索されます。
※レポート・論文・WEBサイトなどでのご利用の際は参照元として記載・リンクをお願いいたします。

BOP
Base of the Pyramid / BOP

世界の所得別人口構成の中で、最も収入が低い所得層を指します。

特に、年間所得が3000ドル以下の人を指しており、開発途上国を中心に世界の総人口の約7割にあたるおよそ40億人が該当します。

2007年に国際金融公社(IFC)と世界資源研究所(WRI)が定義しました。1997年にミシガン大学のC.K.プラハードが提唱したボトム・オブ・ザ・ピラミッド(bottom of the pyramid)という表現もよく使われていましたが、ボトム(底辺)という表現が望ましくないという理由から、ベース・オブ・ザ・ピラミッド(base of the pyramid)の方が主に使われるようになりました。

BOP層の人びとを対象として行われるビジネスをBOPビジネスと言い、市場規模としては約5兆ドルと推定されています。

その他の用語一覧へ
は行の用語一覧へ