ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

ボランティア活動の再考

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

秋冬割

春募集開始キャンペーンサイドバナー

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

グループ割サイドバナー

プログラム説明会

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

長期XボランティアXインターン

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

社会人におすすめ!

ご参加を迷ってる方へ

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

ぼらぷらブログ

ボランティア活動の再考

2011年2月28日 11:27 AM

【滞在期間】2011-02-16 ~ 2011-02-22 【総評】満足 【プロフィール】男性/大阪府

 

(1)参加動機

 

大学でケニアの教育開発について学んでいくうちに自分自身でも途上国の教育開発に携わり、現場のリアリティを体感してみたいと思い、今回のプログラムの参加 を志望しました。ボランティア・プラットフォームを選んだのは、あらかじめプログラムが用意されているのではなく、ボランティアが中心となって活動をより良いものに工夫していくプロセスを学べるのではないかと感じたからです。

 

(2)参加した感想

 

<生活環境>
カ ンボジアでの生活は覚悟していた通りの生活レベルで、限られた物資や時間の中でいかに生活の工夫を行うかが重要でした。日本に住んでいてはおそらく体験で きないであろう生活を送れたのはとてもいい経験になりました。ご飯はなかなかおいしかったので食事面に関しては問題なさそうです。

 

<学校生活>
学 校生活はたくさんの子どもたちと接することができ、授業態度もとても良かったためやりやすかったです。学校ではボランティアが中心となってその日の授業の 流れを工夫したり、授業が終わった後に参加会員同士で意見交換をし合ったりと、主体的に活動に参加できた点がとても良かったと思います。

 

今回のプログラムに参加して強く感じたのが、学校運営の難しさとコミュニティとの連携の必要性です。子どもたちが学校に期待するものは何か、またそれに応え るために現場の教員は何をしたらよいのかという組織運営で基本となる哲学のようなものがまだ出来上がっていない気がしました。しかしそれもこれから参加さ れる方々や現場の教員、生徒たちの小学校への関わり方にかかっていると思います。そのためにも今回の体験で得たノウハウや話し合いの結果 などを紙媒体で残していくことが参加会員の役目だと思いました。

 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか

 

カンボジアでの生活は日本の生活水準とかけ離れており、改めて日本の生活水準の高さを認識することができました。ある種サバイバルのような生活を送れたので、ある程度劣悪な環境でも生活していける力が身につけられたと思います。