児童労働

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 感想文
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


ぼらぷら世界への1枚グランプリ展示会

割引キャンペーン

割引キャンペーン

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

プログラムを知る・理解する

  • 初めての方へ
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • よくある質問
  • 安全面とサポート

関連リンク

スタツアで貢献!

ぼらぷら支援の広がり

関連リンク

  • ぼらぷら会員活動
  • ぼらぷらブログ
  • パートナー募集
  • 採用情報
  • リンク用バナー

児童労働

貧困検定> Let’s Try!
5歳から14歳の子どもの2億5千万人が、有害で過酷な児童労働を強いられています。
貧しい家計を支える、時間と手間のかかる家の仕事を手伝う、親の借金をかえす… 世界では多くの子どもたちが、生きていくために、はたらかなければなりません。
家の手伝いをすることは当たり前のことです。手伝いをすることで、わたしたちはいろいろなことを学ぶこともできます。でも、もしその手伝いがあまりにもたいへんで、そのために学校に行けなくなったり、からだをこわしてしまったりしたら、それは決して子どもにとってよいことではありません。
世界の子どもたちは、いろいろなところではたらいています。
他の家庭で 住みこみのお手伝いさんとして、休みもなく家にも帰ることができず、毎日朝から晩までこきつかわれる…
工場や農場で 衣料品、織物、たばこ、マッチ、ガラスなどのさまざまな工場で、また、さとうきびやコーヒーなどの農場で、休むこともゆるされず毎日何時間もたいへんなしごとをさせられる。しばしば、仕事がおそい、などと暴力をふるわれる…
街で 街なかで車の間をぬって新聞や花を売ったり、くつみがきをしたり、ごみ捨て場から売れるものをさがしてきたりする。中には帰る家がなくて街なかで寝泊まりしていることもある…