[営業時間変更のお知らせ]
新型コロナウィルスの影響により営業時間を短縮いたしました。
営業日時:平日9:00-12:00、13:00-16:30

テレワーク実施にあたり、お電話や対面での対応を中止しております。
お問い合わせはLINE・メールでご連絡ください。

カンボジアに行って
カンボジアに行って

カンボジアに行って

ぼらぷらではご出発日の31日前まで取消料がかかりません。詳細はこちらをご覧ください。

初めての方へ

夏募集中!トップバナー

夢の村プロジェクト

グループ割サイドバナー

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

カンボジアに行って

2011年9月28日 9:09 AM

【滞在期間】2011-09-14 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】女性 【ネーム】かんな

 

(1)参加動機

カンボジアについてほとんど何も知らなかったので、実際に行ってみたいと思いました。さまざまなボランティア団体のボランティアプログラムを探しました が、プラットフォームのボランティア内容は日程を自由に組める点、ホームステイができる点、小学校で授業のお手伝いができるという点でとても魅力的だと感じ、参加を決意しました。私は日本の大学で小学校教育について勉強しているので、カンボジアの小学校の現状を見に行くことができるのを楽しみに参加しました。

 

(2)参加した感想

初めてひとりで飛行機に乗り海外に行くということで、とても不安がありましたが、参加して本当によかったと思っています。現地ではたくさんの日本人との出 会いもあり、日本の各地からの参加会員と語りあったこともとても刺激的でした。そして何より、子どもたちと過ごした時間はとても濃く、私に向けてくれたたくさんの素敵な笑顔が今でも強く心に残っています。“ボランティア”という名のつくプログラムに参加したわけですが、一週間という短い間で私がしてあげられ たことはほとんどないと言ってもいいと思います。それでも子どもたちが一緒に過ごした時間を楽しいと思ってくれたことがあって、ひとつでも多くの笑顔が生まれてくれていたのならそれでいいと思っています。

 

村での生活は日本での生活とは程遠く、きれいな水も、十分な電気も、物資もありませんでした。新しい価値観に触れ、とても多くのことを考えさせられました。観光オプションでまわった場所もとても印象的で、カンボジアの歴史を感じました。悲しい歴史もあった カンボジアですが、今は笑顔で生活している人々がいました。カンボジアは貧しくて、支援が必要な面もあると思います、でも私はカンボジアの人がみな不幸で あるとは思いませんでした。みんなの笑顔が本当に素敵だったからです。村では、初めて会う人でも目が合えば笑いかけてくれました。出会ったすべての人がこ の先も幸せに暮らしていってほしいという思いが自然に芽生えました。どうか地雷を踏まないで、HIVに感染しないで、穏やかに、あたたかく、少しでも豊かな暮らしを送ってほしいです。

 

カンボジアはとても魅力的な国でした。土の色、太陽の色、木々の色、人々の温かさ、すべてのものが忘れられない思い出となり ました。出会ったすべての人々にありがとうと言いたいです。カンボジアには、また行きたいと思いました。そのときはもう少しクメール語ができるように、勉強しておこうと思います。オークン!