ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

フィリピンスタディツアー|背景

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夏募集開始キャンペーンサイドバナー

GW・初夏募集トップバナー

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

日本最大級の海外ボランティアSNSサイドバナー

高校生特設ページ用バーナー

長期XボランティアXインターン

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

社会人におすすめ!

ご参加を迷ってる方へ

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

ぼらぷらブログ

もっと知りたいツアーの背景

フィリピンスタディツアー
Philippines Study Tour

フィリピンメインイメージ

1フィリピンについて

フィリピン
フィリピン

東南アジアに位置するフィリピン。7000以上の島々によって形成されています。多民族国家のフィリピンには、先住民を始め様々な民族・文化が共存しています。過去にはスペインやアメリカの植民地となりましたが、1943年独立を果たしました。その後急速に発展の道をたどるフィリピン。首都マニラは東南アジアでも有数の大都市で、スタディツアーの開催地でもあります。

大都市
大都市
貧民地区
貧民地区
貧富の差
貧富の差

2フィリピンスタディツアーの意義

子どもたち 子どもたち

フィリピン1の大都市マニラ。正式にはメトロマニラと呼ばれ、経済の中心地です。そびえ立つ高層ビル群、東南アジア1大きなショッピングモールがある一方、少し郊外に出れば貧困にあえぐ家族がトタンやバラック式住居に身を寄せ合いながら暮らす光景もあります。また、多くの子ども達が路上でのゴミ拾い等の仕事を余儀なくされていて、教育を受けることもできず、多くの支援を必要としています。このプログラムでは、ストリートチルドレンの現状を学び、子どもたちへの様々な形の支援を視察します。「自分は子ども達のために何ができるのか?」様現地の理解を深め、自分にできることを探りましょう!

訪問
訪問
理解
理解
観光
観光

3ツアー中の訪問先について

1老人ホームと孤児院の大型集合施設

老人ホームと孤児院の大型集合施設

教会のシスターによって設立された、フィリピンで最も古い慈善施設です。親をなくした孤児・障害などのハンディキャップを持った子ども・身寄りのない老人など約300名が生活しています。シスターや医師・看護師さんも100名以上が人々のケアをしています。視察をとおして、困難な状況でも笑顔を生み出す人々の温かさに触れます。

2マニラ市内観光

マニラ市内観光

スペイン植民地時代の面影を残すサンチャゴ要塞、や1581年に建設されて以来マニラで最も重要な教会であるマニラ大聖堂、フィリピン最古のサン・オウガスチン教会などを訪問し、フィリピンの歴史を学びます。

3スモーキーマウンテン

スモーキーマウンテン

ゴミの山、スモーキーマウンテン。そこで拾えるペットボトルや貴金属類はリサイクル業者に売るとお金になります。また、マットレスやスポンジの切れ端を集めて、新品同様のマットレスに変えて売ることで収入を得るなど、人々の生活を支えています。実際に足を踏み入れてみないとわからない、力強く生きる人々の様子を視察します。

4貧困地区で給食活動

貧困地区で給食活動

現地到着後、現地でみなさんにお支払いいただく100ペソ(約300円)で子どもたちに食糧を購入し配布します。貧民区には、毎日の食事も満足に食べれない子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちに、みなさんから食べ物だけではなく、笑顔も一緒に届けましょう!

5ストリートチルドレンの保護施設

ストリートチルドレンの保護施設

8-17歳の男の子約90名が生活しています。学校に通うための生活支援や、職業訓練などを受けています。男の子のみだからといって心配することはありません。これまで参加された女性会員さんから、うまく交流ができるか心配だったが時間がたつのがとても早いと感じるほど楽しかった、というコメントを頂いています。男の子たちはみんなフレンドリーで親しみやすいので、積極的に英語で交流しましょう!また、敷地内にはバスケットコートもあるので、一緒にスポーツをしても盛り上がります。

6ストリートチルドレンの小学校

ストリートチルドレンの小学校

貧困地区にあるストリートチルドレンやスラムの子どもたちのための小学校です。多くの子どもたちの親は、病気で亡くなっていたり、犯罪を犯して刑務所に収容されています。そのため、子どもたちは午前中のクラスが終わると、家計を支えるために働きに出かけます。今回の訪問では、そんな子どもたちと思いっきり交流をしていただき、普段とは少し違う楽しい思い出を作ってあげましょう。

7孤児院

孤児院

ひとつの村のような孤児院です。8件ほど家が建っており、それぞれの家に母親を担う方と6~8人程の子どもたちが本当の家族のように暮らしています。みなさんはそのうちの1つの家を訪問し、交流をしていただきます。敷地内にはバスケットコートやブランコ、広場もあるので体を動かす遊びもできます。

4語学学校【オプション】

人気のフィリピン語学留学!スタディツアー後、マニラの郊外にある語学学校に通うことができます!ぼらぷら会員さん特別に「国際開発・国際協力」をテーマにした授業を開講♪コース終了時には、スタディーツアーで感じたことや授業中に学んだことを論文としてまとめ、スピーチやプレゼンテーションで発表していただきます!


1語学学校参加の流れ

①スタディツアー最終日:マニラ国際空港で語学学校スタッフがお出迎え

②語学学校初日:オリエンテーション(学校紹介・校内見学・授業の説明・簡単な英語力テスト・両替・スーパーで日曜品の買い物)

③語学学校終了日(退寮日):語学学校から空港まで送迎


2語学学校・コース詳細

フィリピン語学学校OP 部屋の様子

マニラから車で1時間半ぐらいのところに位置する語学学校。英語初心者でもつまずかない様にしっかりサポートしてくれます!3時間のマンツーマンレッスンもあるので、スピーキングを強化したい人にはピッタリ♪日本人が常駐していますので、生活面も安心です!
授業時間:月~金 8:00-19:30の間に6時間
授業の種類:グループレッスン3時間+マンツーマン3時間

・1週間ごとのお申込みとなります。退寮日・帰国日は、毎週土曜日です。
・費用の中には、入学金、教材費、授業料、寮費、食事(土曜夕食と日曜はなし)SSP(特別学習許可証)、共益費が含まれています。
・復路(語学学校~空港)は、語学学校が準備した車輌を使って空港に直行していただきます。こちらの指定スタッフが伴わない移動はできません。
現地到着時に保証金2000ペソを語学学校に直接お支払い下さい。施設の物品を破損・紛失するなどなければ、保証金は帰国時に現地で返金されます。
現地到着時に往復交通費3400ペソを語学学校に直接お支払い下さい。交通費は返金できません。
4週間以上ご参加の方はビザの延長が必須です。延長お手続き費用3630ペソ(59日間延長)を語学学校に直接お支払い下さい。
2週間以上ご参加の方は現地にてSSP(特別学習許可証)を取得します。証明写真(5センチ×5センチ)と住民票(戸籍謄本)を日本から持参してください。持参が難しい場合は、当方にご連絡ください。
学生の国籍などは、その時の状況により変動があります

募集ページヘ戻る