• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

子どもたちの笑顔に感動!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2013年9月参加
紹介割コードin07060ab4c

一番に感動したことは子どもたちが一生懸命に授業に取り組んでくれたことです!目を輝かせて楽しそうに勉強する姿は本当に心打たれました!子どもたちの笑顔は一生忘れません!

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

自己啓発と将来のために参加を志望しました。日本では公立中学校で英語を教えたいと考えてます。また、海外での
教員の仕事にも興味を持っていてこのプログラムへの参加を志望しました。海外はあまり慣れていませんがいろいろなことを学びたいです。

プログラムに参加した感想は?

今回のボランティアに参加して日本では絶対に学べないような貴重な経験がたくさんできました。まず一番に感じたのは現地の方々の温かさです。子どもから大人の方までみんなすれ違うときには笑顔で手をふってくれたり、暗い帰り道ステイ先まで送ってくれたり、荷物を持ってくれたりと本当にみんな優しくてとても感動してしまいました!村の原始的で協同的な生活がきっとこのような優しい心を育てているのだろうなと、今の日本の便利ではあるけれど閉鎖的な社会を思い返して羨ましくなりました。
私が参加したのは村の小学校での英語、日本語教育のプログラムでしたが、村の小学校の子どもたちは本当に人なつっこくていつも笑顔で話しかけてくれました。
村の小学校は教材や筆記用具はすべて日本からの寄付で運営していました。今まで来た日本人が作っていった手作りの教材はどれも子どもたちへの想いが込められていました。実際に授業をしてみると一生懸命に発音を繰り返してくれたり、日本からの寄付の古いノートやえんぴつを使って一生懸命ノートに単語を練習したりととても積極的に取り組んでくれてとても楽しかったです。私は今は大学生ですが将来は日本で中学校の先生になりたいと考えています。今回の経験でその夢がより強い希望になりました。また、教育実習をすでに経験しているのですが日本の子どもたちはこんなにも学習環境が整っていながら、勉強が嫌い。など勉強に対してネガティブな子も少なくないのが現状です。学校に行けることが当たり前の日本の子どもたちに今回のカンボジアの小学校での経験を伝え、どんなに自分たちが恵まれているのか幸せなことなのかを伝えたいと感じました。そして「教育」を通して子どもたちに希望や夢を与えてあげられるような先生になりたいと思いました。
今回の経験を一生の財産にしたいと思います。
そしてこの5日間で出会った現地の方、子どもたち、団体の方、仲間すべての方に感謝したいです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

私は将来は日本で中学校の教員になりたいと考えてます。実際に日本で教壇に立っときにはカンボジアの小学校での様子を伝えて、子どもたちに世界のことを知ってもらうきっかけにしたいです。また日本の学校がいかに恵まれているかを自覚させ、勉強に対してポジティブに取り組んでくれるよううったえかけていきたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

貴重な体験ができた!

これから参加される方へアドバイスお願いします!

村での生活は原始的で協同的で、日本では絶対に経験できません!日本に比べたら不自由かもしれないけど貴重な体験だと思って楽しんでください!学校の子どもたちは本当にかわいいです!