• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

幸せはお金で買えない!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2015年3月参加
紹介割コードin12046fc60

私は孤児院での経験がなかったら迷いのまま大学生活を終えていたかもしれません。自分にとって本当に大切なことを見つけるヒントになるかもしれません。何もないからこそ見えてくるものがあると思います。

参加前の気持ち

初海外で不安、1人参加で不安、現地の治安が心配、語学力が心配、自分にできるかな、視野を広げたい、成長したい、現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

よく海外に行かれる先生がされる海外での話がおもしろいし、海外に行くと価値観が変わるとおっしゃっていて、わたしも海外に興味がありました。ボランティアでは現地の人とふれあれて自分自身得るものも多いし、現状を知る1番の方法だと思います。海外にいくなら観光だけでなくボランティア活動もしたいと考えていました。知人の紹介でぼらぷらを知り、現地の人とふれあれてなおかつ観光もあるという所に惹かれぼらぷらで海外にいくことを決めました。

画像をクリックすると拡大します。

  • アンコールの前でみんなでジャンプ!
    アンコールの前でみんなでジャンプ!
  • 最終日のお昼は焼き肉!
    最終日のお昼は焼き肉!
  • ラピュタのモデルとなったベンメリア遺跡
    ラピュタのモデルとなったベンメリ...

プログラムに参加した感想は?

カンボジアには日本に比べて物資も食べ物もなく、国全体で見ると裕福ではありません。孤児院であった子どもたちは穴のあいた服を身にまとい裸足で走り回っていましたが、みんな笑顔で幸せそうなのです。幸せとはなんだろうと考えさせられる経験でした。何もないからこそ、他人を気にすることなく周りに流されない、自分の興味のあることに貪欲である、生きる術を知っている、そんな人たちが多かった気がします。生きてきた環境が違えばこんなにも人間性が違うんだと実感しました。環境が違うからこそ幸せの概念が違うんだと思いました。これから日本で生活していく中で迷ったときはカンボジアでのことを思い出すんではないかと、原点に返って考えることができる、そう思えるような経験だったと思います。
また、個性あふれるツアーメンバーに恵まれたことによってさらに思い出に残るたびになったと思います。年齢も出身も様々な人たちが集まることでいろんな境遇にいる人の話がきけ、その人の視点でみるカンボジアを共有できて本当にためになったと思います。一人参加で不安もありましたが、ツアーが終わってみれば一生続くであろう仲間になっていました。
15人のツアーメンバー、ガイドさん、孤児院で出会った子どもたち、様々な出会いがありました。この出会いを大切に今後もつながっていきたいと思える出会いでした。カンボジアスタディツアーに参加できて本当に良かったです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

孤児院で出会った子どもたちとはお互いボディランゲージを交えながらつたない英語でコミュニケーションをとりました。言葉が通じなくても目を見て一緒に笑いあったら通じ合える喜びを感じることができました。しかしそれと同時に、自分の英語力のなさを痛感しました。言葉以上のコミュニケーションを感じたものの、言葉を使ってコミュニケーションすることでかなりお互いを知ることができるのではないかと思いました。そこで今後は英会話にこれまで以上に力を入れていきたいと思いました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 子どもたちと花いちもんめしたらすごく盛り上がった!
    子どもたちと花いちもんめしたらす...
  • 絵本の読み聞かせ
    絵本の読み聞かせ
  • 泊まったスマイリーズゲストハウスの部屋
    泊まったスマイリーズゲストハウス...
  • 学校で母国語を教えあったよ
    学校で母国語を教えあったよ

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

スタディツアーという形で参加したことで、観光だけでなくカンボジアの歴史や現状を知ることができたから。また現地の子どもたちと触れ合うことができ、刺激をもらえたから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

私は孤児院での経験がなかったら迷いのまま大学生活を終えていたかもしれません。自分にとって本当に大切なことを見つけるヒントになるかもしれません。何もないからこそ見えてくるものがあると思います。