• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベトナム スタディツアーへの海外ボランティア

考えさせられた一週間

  • 評価4つ星評価 ニコニコマーク素敵な出会い
  • 2014年2月参加
紹介割コードin085083091

自分がいかに素晴らしい人に囲まれているか実感できる体験!

参加後の気持ち

素敵な出会い

プログラムに参加した理由を教えてください

ベトナムの国の文化、歴史に興味があり、枯葉剤の影響や現地の人々がそれをどのように受け入れているのか、自分の目で確かめてみたいと考えました。孤児院で育ってきたベトナムの子供達と触れ合うことで、異文化に対して新たな視点を抱きたいと思っています。自分の将来に何らかの形で生かせるものを感じ取り、人間的に成長したいです。そのため、このプログラムに是非参加したいと思っています。

プログラムに参加した感想は?

 2月にベトナムに出向こう。この意志がすべての出会い、感動のはじまりでした。
なぜベトナムに行くのか、旅行ではなくボランティア目的なのか、現地で何をするのか。客観的に理解できるさまざまな動機を考え、最終的にいたった考えが「ベトナムの経験を必ず自分の糧にするぞ」という大雑把な目標でした。
ベトナムに着いたときは、戦争で受けた衝撃を今も受け、苦しんでいる現実を実際目で確かめなくては、という思いでした。しかし孤児院や小学校を訪れると、本当に驚くことの連続でした。名前も知らない私たちに子供たちは笑顔でかけよってきて、独学で習得した英語で質問責めされたりして、彼らからはマイナスの印象を全く受けませんでした。言葉が通じない分、心が通ったときの感動は何ともいえないものでした。親がいないこと、健康でないことは生きていくうえで大変なことだ、と固定観念にとらわれている自分が情けなくなってなんとなく泣きたい気持ちになりました。本当に人間が求めているものは、目に見える自由さ、言葉で表せる慰めなんかではなく、目に見えない愛されている、必要とされているという実感なんじゃないかなって思いました。まだ経済な面でも精神的にも自立していない自分は、他人に何を与えられるだろうと真剣に考えました。子供たちにはせめて笑顔でいようと思いました。

 今回の体験でしあわせってなんなのだろうと改めて考えさせらえれました。ボランティアという名目で異国の地を訪問し、ともに笑いあえる仲間に囲まれ、ほんとうに恵まれていると思いました。そう思える環境を私のまわりが作ってくれました。

最後になりましたが、着いた当初体調を崩してしまい、自分のことも管理できない情けなさでやりきれない気持ちになっていましたが、気遣いの言葉をくれるルームメイトを初めとしてガイドさん、友人の優しさを身をもって感じました。他人を思いやることって些細なことなんだと思いました。言葉で伝えられる思いや優しさがあるなら、手遅れになって後悔しないうちに、伝えたいと思いました。

一週間、一緒に過ごした素晴らしき友人と出会えたこと、
お帰りって声をかけてくれる友人に囲まれていること、
心配してときに怒ってくれる親、お姉ちゃんがいること、
周囲の人々に支えられてすごせるしあわせを感じました。

みんな、ほんとうにありがとう。Cam on♡

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

 どのような形であれ、他人や社会に求められる人材になれるよう、努力したいです。
今回が初めての海外ボランティアでしたが、さらに海外文化そのもの、言語習得への意欲がわきました。
まだ学生ということもありますが、謙虚さや学ばさせていただいている精神を忘れずに、興味の分野を広げていきたいです。
そして最終的にその好奇心が他人の助けにつながればさいわいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

自分を高められるはず。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

きっかけは何でもいいと思います!とりあえず興味がある人は、ホームページをのぞくだけでも。

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

 今回、ぼらぷらに参加して本当によかった。
普段感じられなくても、スタッフの頑張りは必ず誰かのしあわせにつながっていると思います。
誇りをもってこれからもお仕事がんばってください。
応援しています!!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む