• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベトナム スタディツアーへの海外ボランティア

子供たちの笑顔に健康状態・国籍は関係ない!!

  • 評価4つ星評価 ニコニコマーク忘れられない
  • 2013年8月参加
紹介割コードin0625897ff

子供たちの笑顔に国境はない。今回ベトナムへ行って、本当にそう感じました!

参加後の気持ち

忘れられない

プログラムに参加した理由を教えてください

もともと大学在学中に何か国際貢献のできる海外ボランティアに参加してみたいと考えていました。そこで大学にも慣れ、比較的時間もある2年生にうちに行こうと決心しました。行き先は非常に迷いましたが、現在授業でベトナム戦争について学んでおり、ベトナムやベトナム戦争に興味をもったのでベトナムへ行こうと決めました。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

自身、海外は二度目という海外経験の浅い状態で言語や食事、現地の文化など不安なことを多く抱えて出発しました。しかし、言語は日本語や英語で大丈夫で、食事も日ごとに慣れて楽しみになりました。3日目からいよいよ孤児院でのボランティアが始まりましたが、私が最初にそこでの子供たちを見たときの正直な感想は「やっていけるかな・・・」というものでした。ベトナム戦争の影響などによる障害があるとは聞いていましたが、子供たちの状態は予想以上でした。しかし、接してみると日本の健康な子供となんら変わりがありませんでした。キラキラした目で寄ってきました。子供たちは体が不自由ながらも必死に生きている。この現実を知り、自分自身のできることは僅かかもしれませんが、子供たちのために精一杯遊んであげようと決心しました。障害もあり、どう接していいかわからずに困惑することもありましたが、子供たちが笑顔になってくれたとき、やっててよかったと心から思うことができました。また、ボランティアだけでなく観光も十分に楽しむことができました。特に最終日のメコン川は本当にいい思い出になりました。また、一人での参加でしたが他の参加者ともすぐに打ち解けることができ、日本で離ればなれになるのが本当につらかったです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

大学での専攻が国際関係で紛争などを学んでいるため、実際戦争があった土地に行ったということは非常に大きな経験になりました。また、発展途上国の現状を見ることもでき、さらに国際貢献をしたいという気持ちが強くなりました。今後はさらに先進国・発展途上国問わず、さまざまな国に行き、グローバルな視点を身につけたいと思います。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

いい経験になるから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

衝撃を受けることもたくさんあると思いますが、絶対に後悔はしません。戦争の代償を肌で感じることができます。