[休業日のお知らせ] 9/28(月)は休業日となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 教育ボランティアへの海外ボランティア

新しい世界の発見

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークいい経験に
  • 2013年3月参加
紹介割コードin048632cfa

とにかく驚きと感動の連続です!

参加後の気持ち

いい経験に

プログラムに参加した理由を教えてください

私の母、姉はボランティア活動に積極的に参加する人です。
毎回活動の感想を聞いていると、どれも楽しそうに思えました。
私にも誰かの役に立つことはできるだろうか?
そう考えると、「参加したい」という思いがはっきりと自分の中に生まれたのを感じました。
では、なぜ今回のボランティアを選んだのか?
広告やテレビで、昨今海外の子ども達に向けての支援を求めているのを目にします。
日本にいる私は、事情を理解できても、どうも実感がわかない。
常常思っていたボランティア活動への参加と、海外事情をより現実として受け止めたい気持ちから、私は今回の参加を希望しています。

プログラムに参加した感想は?

  あまり下調べせずに行ったカンボジアボランティア。私が想像していたよりも、ずっと村の暮らしは簡粗なものでした。
日本では当たり前にあり、人々が当たり前に使用している透明な水が、トンレアップ村では飲み水のみ。
いや、もしかするとその飲み水を飲んでいたのは日本からきたボランティアの人達だけで、村の人達はちがうかもしれません。
ゴミの処理も粗略なもので、村にはあちらこちらに散らばっています。
  遠い日本から、ただ画面越しに見た村は、きっと多くの人が同情の目を向けるでしょう。私自身がそうでした。
しかし、実際に生活してみて気づいたのは、人々の笑顔が耐えないこと。誰もが毎日楽しそうにくらしています。
学校に通う子供達も、真面目にとは言い難いですが、授業を楽しんいます。ケンカこそしますが、みんな仲良しです。
いじめが問題となっている日本にはない光景でした。
  このように、全く日本とは異なる生活環境、価値観がその村にはあります。
発展途上であることは事実。しかし、決してマイナスな生き方ではないことも事実です。
日本にいるだけでは分からない世界を発見できた、とても良い体験でした。是非もう一度行ってみたいです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

  この前まで抱いていた発展途上国のイメージが、大きく変わりました。
それによって、考え方も変わりました。
私は今回の活動をきっかけに、もっと世界を知り、客観的な視野としっかりした自分の
意見を持って、将来自分が発展途上の世界で生きる人々のために出来ることを考えていきたいと思いました。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

大切なことを学べるから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

とても貴重な経験になるので、楽しんでください!