[営業時間変更のお知らせ]
新型コロナウィルスの影響により営業時間を変更いたしました。
営業日時:平日9:00-12:00、13:00-16:30


また、テレワーク実施にあたり、お電話での対応を中止しております。
お問い合わせはLINE・メールでご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィリピン スタディツアー AE-2015.3.31への海外ボランティア

行ってよかったです!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク素敵な出会い
  • 2014年2月参加
紹介割コードin08144edf0

フィリピンの人たちは本当に皆さん温かく迎え入れてくれました。ストリートチルドレンや孤児院の子供たちと触れ合って言語の壁を少し乗り越えられたのではないかと思いました。

参加後の気持ち

素敵な出会い

プログラムに参加した理由を教えてください

以前から海外ボランティアに興味があり、実際に現地に足を運び肌で感じたいと思ったから。
また、現地の人や、自分と同じくボランティアをしたいという目的の人たちと共に活動、交流することで自分の視野を広げることができるのではないかと考えたから。

プログラムに参加した感想は?

フィリピンへ訪れるのは今回が初めてということや、日本から自分以外にどのような人が参加するのか…など不安なこともありました。
しかし、そういった不安はすぐに取り除かれ、同じ参加者の皆とも打ち解けられてよかったです。
活動としては、多くが孤児院など施設の訪問でした。正直、英語もそれほど喋れるわけではないので、子供たちとどのようにコミュニケーションを取っていけばいいか、と少し不安もありましたが、なんとか身振りや手振り、分かる限りの英語を使ってお話したり絵を書いたりタガログ語を教えてもらったりと楽しい時間を過ごすことができました。
また、昔、日本に出稼ぎに行って辛い思いをされたフィリピンの方が集う施設も訪問しました。
日本で、差別にあったり暴力をふるわれたりした過去のお話を聞いて、私もすごく悲しい気持ちになりました。それと共に、そのようなことをした日本人に対して腹立たしい気持ちにもなりました。彼女たちは、このような経験が、あるのにもかかわらず
日本人のことを嫌いになったりしないと言っていました。その言葉を聞いて、彼女たちの心の広さを感じました。
又、日本にいるフィリピン人がもし困っていたら助けてあげてほしいとも言っていました。
私の友達にもフィリピン人と日本人のハーフの子がいるので、元からフィリピン人に対する偏見はありませんが、
フィリピン人に偏見がある日本人もいるということを知ったので、そのような偏見を持っている人がいたら
私が少しでもフィリピンでの出来事を話してフィリピン人の懐の深さやフレンドリーさを伝えたいなと思いました。
フィリピンは貧富の差が激しい国だと目で見て思いました。
貧困地区に住んでいるストリートチルドレンとも触れ合ってみんなのキラキラした瞳をみて、
この子供たちは将来どのような大人になっていくのだろうと考えてしまいました。
私は決してフィリピンでの出来事、フィリピンで出会った人たちのことを忘れないと思います。
それほど刺激的な6日間でした。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

フィリピンでの出来事を少しでも多くの人に話して、フィリピンの現状を知ってもらいたい。
まずは、自分の家族や友達から…。そして友達にも共感してもらえることがあったら友達にスタディーツアーを勧めて、
さらに共有できるようにしたい。たった一回の訪問だけでなく、こういったフィリピンの現状を知った以上は、何らかの形で、
フィリピンの貧困地区などの支援をしたいと思う。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

他の国にも足を運んでみたい。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

最初は少し不安かもしれませんが、きっと子供たちの笑顔でそういった不安も吹き飛ぶと思います。